そよいちの味

新生開店より8年目に入りました。東京オリンピックまでは続けようを合言葉に。ビーフかつれつの店 「そよいち」にて日々思う事

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そよいちの小さな奇跡

っていい色ですよね。そよいちのコンセプトカラーは、(お皿)茶色(揚げ物、焼き物)、そして新鮮なキャベツのなんですよ。コンセプトカラーなんて、なんのこっちゃだったんですが、お店を開く時、M先生(久々のご登場!)がアドバイスをくださったんです。メニューでも何でも、色を使いすぎるとごちゃごちゃしてわかりにくくなる。基本の色は3色まで。そのほうがまとまったデザインになるよって。

壁は白だし、縁取りも木の茶色や生成り色。パッと目に止まって欲しいメニューの表紙はになりました。それ以外にもそよいちには緑があちこちにあるんですよ。

そう、入り口のところに置いてある鉢植え。それと、手拭いの額が飾ってあるところにそっと鎮座する可愛らしい観葉植物

greenplant.jpg

実は不勉強でなんて名前の植物なのか存じないんです。でもこの子がうちにやってきて、もう2年は立つでしょうか。初めは今の3分の1くらいの高さでしたねえ。これはとあるお客様がお持ちになって、姉にこう言って見せてくれたんです。

「ほら、可愛いでしょ」(^O^)

そしたら、姉は何を勘違いしたのか、間髪入れずに、
「わあ、可愛い~。ありがとございます~!!」ってやっちゃったものだからお客様もびっくり!

「い、いや、これは、その、…いいでしょ。あの、あのね、これは上げられないけど、今度同じものを持ってくるから、そしたらあげましょう」

お客様は見せて下さっただけだったんですよ!でも、優しいお方だから、姉があんまり嬉しそうな顔で両手を差し出したのを見て、「見せただけだよ!」って言えなくなってしまったんですね(苦笑)

そして約束通り、程なく同じ物をくださいました。こんな経緯ですから、大事に大事に面倒を見ています。その甲斐あってか、いつも手拭いの額の下で綺麗な緑を見せてくれています。1年中です。

そよいちが気に入ってくれたのか、小さな植物がどんどん茎を伸ばして、今では額の下の縁を追い越してしまいました。どこまで伸びていくのかしら。

ですが、そんなある日悲劇が起こりました。せまい通路なので掃除の時かなんかにぶつかってしまい、茎が1本折れてしまったんです。言い方は悪いけど、首の皮1枚残してがっくりと折れてしまったんです。可哀そうに。

まさか、きっとダメだろうけど、もしかしたらと折れたところにセロテープのギブスを巻いてやりました。折れた先が枯れだしたら諦めようととりあえずの応急処置でした。

Pockiri.jpg

何日も立ちましたが、どうやら枯れはしないようです。このままくっつくことはないだろうからセロテープは巻きつけたままですが、なんとか水を吸い上げているようなんですね。

そのうちはっと気がついたら折れた先が、さらに伸びているじゃないですか!それも他の茎の葉よりももっと元気で大きな葉を広げて!

stillgrowing.jpg

心が折れると、よく言いますよね。ええ、人だってよく、ぽっきり折れちゃうんです。でも、もしかしたら、この緑くんのように、前よりももっときれいな緑に育っていけるのかもしれないと、この小さな奇跡に励まされています。


暑い夏もあと少し。お体大事になさってくださいね。元気が出たら、いえ、元気がなくなっちゃったら、そよいちにいらしてください。お待ちしています!

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

そよいち

Author:そよいち
下町人形町の
昔ながらの洋食
「そよいち」です
↓ホームページはこちら

ようこそ、そよいちへ



秋は、人形町でイベントがいっぱい!ぜひお越しください。

最新記事

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。