大事な素材

2011.02.11(14:15)

小さな町ですので、ちょっとした噂がその的の本人のところに何気なく届いてしまう。人形町はそんなところもある街です。その噂というのは、まあ開店したいきさつに遡るのですが、気持ち良く独立したわけではないのはお察しの方も多いと思います。その後、2,3取り組まなければならない事案もなくはなかったのですが、おかげ様でおおむね、ここまでスムーズにこれました。仕事の流れも安定してすっかり軌道に乗ったところです。

ですが、やはりスタートがスタートですからこんな噂も出てしまったのでしょう。伝言ゲームのどこかでちょっと鳥違いがあったのでしょう。

「どうも、そよいちは以前からの質のお肉が仕入れられなくなってしまったらしい」

そんなことはないのですよ。確かに以前のお店では全部で3店からお肉を仕入れておりました。大手と中堅どころ。こちらに移ってからは、大手のほうはやめて、中堅どころのひとつのお肉屋さんを全面的に信頼して、よいお肉をいただいているのです。開店するまでの3ヶ月間、姉とそのお肉やさんの若旦那とああでもないこうでもないと勉強して、確かに初めの何か月かは、お肉の質がいろいろむずかしいこともありました。それも今ではすっかり安定するようになったんです。

なぜ大手をやめてしまったのかですか?それは、やっぱりうちの言い分やわがままを聞いてもらえないことが時々あったからですね。うちは小さなお店。声も小さい。それなら、ちょうどいい規模のお肉屋さんともっと親密におつきあい願うというふうに姉が考えたのです。

だから、どうぞご安心なさってください。牛肉も豚肉も、ほんとうによく吟味したものを持ってきていただいてます。もしおいしくなかったとしたら、それは仕込みの手違い。どうぞお叱り下さい。必ずよいものを作りなおします

今日はせっかくの祝日ですが、あいにくの雪のお天気。お店が静かですが、それでもご来店いただいたお客様においしいお料理頑張ってお出しします。よろしかったらお足もとお気をつけて、ぜひいらしてくださいね。

お待ちしています!
スポンサーサイト

2011年02月

  1. 大事な素材(02/11)