スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデン・ドゥードルって?!

リンクを一つ増やしました。お客様のブログなんですが、犬好きな方だったら楽しく読みふけってしまうこと間違いなし。ゴールデン・ドゥードルという不思議な犬種のぱるくんの心和む写真満載の楽しいブログです。許可がいただけたのでリンクさせていただきました。不思議と言ったけど、この犬種は、ゴールデン・レトリーバーとプードルのミックス犬なのだそうです。ヘアはプードル。体型はレトリーバーなのでしょうか。とっても大きくて、その大きさとおおらかな優しい性格が魅力のかわいいわんこさんです。

こちらにも載せておきますね。
ぱるぱる日記~わんことにゃんこ☆

最近教えていただいて読み始めたのですが、今では更新が楽しみで楽しみで。皆さんもよかったら読んでくださいね。それにしても写真も上手だし、読者を楽しませるテクも素晴らしいし。私もああいうブログ書けるようになりたいなあ。

それから、ホームページを少し直しました。お料理のメニューを見やすくしました。最初のページには、その都度お知らせなどを載せて行きますので、ブログと合わせてチェックしていただけたら幸いです。

話は飛びますが、昨日は朝早くからそよいちの一本先の裏通りで「新参者」のロケが行われていました。お仕事あるから覗きにいかれませんでしたが、お店に行く途中でちらっと見えました。天ぷらの中山さんの通りです。天ぷらの中山さんというのは、人形町の地元の人に愛されるおいしい天ぷらやさん。黒天丼というのが有名らしいのですけど、私はいつも普通の天丼です。元気がなくなった時は、天ぷらだけたくさんいろいろ見繕ってもらって買ってきて、それでご飯を食べると幸せになれます。ご主人は、少しお年を召してらっしゃるから、以前そよいちと一緒にテレビで紹介されたとき(黒天丼が取り上げられてました)あんまりたくさん売れるから、「もう疲れちゃったよ」って根をあげそうになってらしたけど(笑) どうかいつまでもお元気で、またどんどん天ぷらあげていっていただきたいです。あー、おなか空いてきました!

天ぷらの中山で検索すると、お店の味ばかりでなく、ご主人やお店の「人柄」を書いているページがいろいろありますね。あら、お客様のブログもある♪リンクしたいな、でも、まだおうかがいたててないから今は控えさせていただきますが、日本一と書いてありますね。同意、同意!

新しく引っ越してきた方や勤めにきた方に、教えたくなるお店です。4月は「新参者」の月ですね。ふらっとこのブログを見に来た方、中山さん、お勧めです。あ、今日は夜9時からドラマ「新参者」エピソード2ですね!(って、最近宣伝しすぎかしら、笑)

あー、今日はとりとめなくブログは迷走してしまいましたが、そんな日曜日ということで。。。お許しくださいね!
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

鹿児島旅行記その3

歴史が息づいている土地というのは、つまり、そこの土地の方々が歴史を大事に考え、今現在のその土地を愛しているからこその結果でしょう。

薩摩伝承館
薩摩伝承館

薩摩伝承館は、白水館という立派なホテルのオーナーの方がホテルの敷地内に建てられたものなのですが、案内の方のおっしゃるには、オーナーは、もう90も超えている高齢でありながら、いまだにホテルのこと、薩摩の歴史のこと、そして指宿から鹿児島全体のことを気にかけていらっしゃる。その思いが強くてとうとうホテルの中に住んで日々さらにいろいろな活動をされているとのことです。

伝承館にいたるまでホテルの中をバスで行くのですが(それほど広いんです!)そのバスの道はわざと狭くしてあり、1車線分しかありません。バスの往来を少し不便にすることで、溜息の出るような美しい松林を保護しているのです。ただただ、たくさんお客様が来ればいい。そうではないんですね。なんでも自動化したり効率化したりするのではなく、お客様がほんとうに楽しめるように考える、そういう姿勢なのでしょう。オーナーのお考え、素晴らしいと思います。

桜島にて
桜島


桜島へは、鹿児島空港へ向かう最後の日にまいりました。行きと同じように観光ルートを辿るバスツアーでした。バスガイドさんのおっしゃるには、「私が噴火ボタンを押しておきました」だそうで(笑)、私たちが記念写真を撮ろうとするとそれに合わせるかのように桜島がモクモクと黒い煙を吐いてくれてました。

そんなふうに冗談めかして話してらっしゃるけど、桜島の降灰はほんとうに難儀で、ゴミの日にゴミ袋を出すように、掃き集めた灰を指定の袋にためて収集しなければならないのだそうです。「雪は解けてくれるけど、灰は溜まり続けますからねえ」

もちろん豪雪地帯の深雪の大変さはよく聞いていて、そちらはそちらで大変なのは知っていますが、火山灰の大変さを知ったのは初めてでした。1月は100回を超える噴火があったそうです。

でも桜島は無人島ではなく、たくさんの方が住んでらして、その苛酷な自然もみんなで協力して克服して、観光資源にしているんですね。

大きなホテルのオーナーの方も、観光タクシーのガイドの方も、仲居さんも、特産の農作物をつくる農家の方たちも、バスガイドさんも、住民の方たちも、みんなみんな、この土地を愛していて、だからこそ、よそからいらっしゃる方たちに誇りをもっておもてなしできるんですね。

皆さんも、生まれた土地、お住まいの町を愛してらっしゃいますか?家族を思うように、町や土地を愛していくと、きっとその場所全体で活性化していって、難しい経済問題なども、解決していくことができるのかもしれません。それこそ、毎日火山灰を掃き集めるような地道な活動が必要なのでしょうけど。

私たちの小さなお店も、そういう気持ちでやっていけばいいんだなあって思います。そしてこのお店のある人形町ももっともっと大事に思っていこうと思います。

というわけで、人形町を盛り上げる新ドラマ「新参者」、よろしくお願いいたします。ぜひ、一度ご覧になってくださいね。撮影もまだ続行されてます。人形町を訪れると、ロケを見ることができるかもしれませんよ♪ 

そしてもしよろしかったら、そよいちにもいらしてくださいね。お待ちしています。

p.s. 番組の記念のメモ帳のご応募引き続きお待ちしています♪ sotokichi@me.comにメールをください。締切は5月いっぱい。当選の方には返信メールをお送りいたしますので、店頭にて、プリントアウトしたものか、ケータイの場合画面の表示をして見せて頂ければお渡しいたします。

手帳

続きを読む »

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

鹿児島旅行記その2

2月の旅行記の続きです。
-----------------------------------

桜が散ってます。雪のようにはらはらと、絶え間ないですね。咲きだしてから散るまでなんて短い時間なのでしょうか。2月の鹿児島旅行で知覧の特攻平和会館を訪れた時、いろいろな思いを抱きましたが、今桜の散るのを見ると思い起こされます。

特攻の方たちのことについては、たくさんの方が話されたり書かれたりされてるし、私ごときがあれこれ述べるにはあまりに重過ぎて、筆が止まってしまいます。

特攻兵の方たちがよくくつろぎに訪れていた富屋食堂
富屋食堂

ただ、ある一人の方が「まだ見ぬ未来の恋人よ」と手紙で語りかけていたのを読んで、ほんとうに胸がつまりました。そんなに若い人だったのか、と。まだ人生の入口に立ったばかりの人だったのかと。それから展示されている飛行機のどれもがかっこいい様を見て、あの人たちはあの飛行機にあこがれて飛行機乗りになったのだろうなあ。その飛行機諸とも自らの命も絶たなければならなかったのは、ほんとうに辛かっただろうと思いました。富士山によく似た開聞岳を目指し、主翼をさよならのようにパタパタと振って飛び立って行ったと聞きました。

開聞岳
開聞岳


今はそれも歴史の一頁となってしまったかのようですが、鹿児島では歴史が息づいています。みんな忘れることなくそこにあるのですね。

さらに遡って、幕末の動乱に表舞台、そして裏舞台で活躍された方たちの足跡もそこここに残っています。

全国で大人気の鹿児島の芋焼酎。森伊蔵という名前も、飲まない私でも聴いたことがあったくらいです。ブームですよね。今回の旅では、芋焼酎の工場を見学してまいりました。工場はさほど大きくないのですが、全行程を順に解説付きで見ることができます。その説明をしてくださった大山さんは、浜崎太平次の子孫なのだそうです。浜崎太平次とは誰でしょう?彼がいなかったら、明治維新もままならなかったかもしれません。詳しくはこちらをお読みになってはいかがでしょう:

指宿の太平次
http://www.murocho.com/aji/shoyu/shoyu21.html

簡単に言うと、日本初の国際貿易の豪商ですね。そしてその潤沢な資金で薩摩藩を強力に支えた人です。

銅像の前で
浜崎銅像

そのご先祖を敬ってつくられた芋焼酎
img55429420.jpg

中俣合名会社
http://www5.ocn.ne.jp/~nakamata/index.html

薩摩藩島津家と言えば、篤姫。一昨年の大河ドラマですね。仙厳園、これは島津藩別邸を現在保存公開しているものですが、そこには立派な門がありまして、それは嫁ぐ篤姫が父の斉彬公とお別れを交わした場所なんだそうです。そのままに残されています。

篤姫の門
篤姫門

外様大名でありながら、幕府は島津藩のその実力に恐れを抱いていたのでしょう。また島津藩も、幕府を盲従することなく、いついかなる時でも独立の心を絶やさなかったのでしょう。篤姫はそんな二つの大きな力をつなぐ大事な要であったのだと思います。

先ほどの浜崎太平次の血縁の方のこと、そしてそのままに残された篤姫の別れの門などを見ていくと、明治、そして江戸時代というのが、ただの時代劇やドラマの中にあるものではなく、ずっと現在にまでつながっているのだなあって実感することができました。鹿児島の歴史をひもとくには、他にも

薩摩伝承館
http://www.satsuma-denshokan.com/den/index.php?id=1
知覧武家屋敷庭園
http://kyushu-tabi-gourmet.seesaa.net/article/138206412.html

など、まだまだ尽きません。

私の話も長くなってしまいましたが、もう少しお話したいことがあります。桜島のことなど。申し訳ないけど、次のエントリーに続きます。。。

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

ドラマ「新参者」記者会見

今、人形町でドラマのロケが行われています。桜の咲く商店街や裏道に、テレビでよくお見かけする阿部寛さんとか黒木メイサさんとかがすっと立ち、なんだか人形町が華やかになった感じ。そんな目撃談をお客様からたくさん聞かされて、一度も遭遇できてない私はちょっぴり寂しかったのです。が、しかし!

協力のお礼として商店街組合は記者会見@明治座に100席用意してもらえたのです。そよいちも2席いただけたので、休憩時間に行ってまいりました。

出演者の方々、なんと花道をとおってご登場(笑) そのミスマッチな感じがいい!人形町っぽい(笑)

楽しい撮影裏話などいろいろなお話、出演者の方たちの生トーク、楽しゅうございました。印象的だったのは、三浦友和さんの「恥ずかしかった」 ――― 今日の午後2時、記者会見の前に人形町商店街で出演者さんたちの「お練り」があったのですけど(要するに徒歩でパレードっぽく表通りを練り歩く、みたいなもの)、三浦さんは、ああいった形の露出は初めてだったそうで、ほんとうに恥ずかしそうにちょっとうつむいてそう、感想をおっしゃってました。話は尽きないけど、でも、ああ、私たち、夕方の開店時間が迫る。。。仕込もあるし。。。

後ろ髪引かれながら途中で退席いたしました。でもいい思い出になりましたよ。私、このドラマ絶対見るんだ!

記者会見

おみやげにいただいたものは、これです。
番組と「銀のあん」のコラボで新発売のタイ焼き:
タイ焼き表
タイ焼き裏
タイ焼き中身

中に白玉が入っててびっくりです。食べちゃってもう見せられなくてごめんなさい。

記念になるメモ帳:
手帳

警察手帳っぽくて面白いでしょう?そうだ、お客様にも楽しさのお裾わけしよう!

sotokichi@me.com宛てにメールくださった方から抽選で1名様にこのメモ帳を差し上げちゃいます。よかったらメモ帳希望と書いてご応募ください。当選の方にはメールの返事を送りますのでプリントアウトしてご来店くださったら、お渡しできますから。ケータイのアドレスの場合はその場でこちらから送った当選メールを表示して見せてくれたらオッケーです。締切は5月いっぱいまでお待ちしています。

TBSのマガジンの中の1ページ:
阿部@人形町

阿部さんの後ろのうすぼんやりとした背景、どこだかわかりますか?(^-^) そよいちはここからすぐです♪

ドラマ、早く始まらないかな。楽しみですね。それでは今夜はこのへんで。。。(山下達郎さんの番組テーマ曲「街物語」が流れているつもり。。。♪)

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

本日平常通り営業します

昨日は早仕舞いでご迷惑おかけしました。本日からまた平常通りの営業いたします。
お天気もよく、いい日になりますように!

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

本日は午後3時まで

誠に勝手ながら、本日4月5日は、午後3時までの営業とさせていただきます。
夜にお越しの予定のお客様、ほんとうに申し訳ありません。またよろしくお願い申し上げます。

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

鹿児島旅行記その1

が咲いてます♪ 春ですねえ。

春はからやってくる♪ 先月お店のみんなで鹿児島に「研修旅行」いたしました。暖かくて昼間は上着がいらないほどでした。一足先に桜も見ることができたし、お天気に恵まれて最高でした。

鹿児島といえば、うちのお客様で鹿児島の出身の力士が多い相撲部屋の親方がいらっしゃるのですが、先日いらした時のこと。

「うちの若い者が、おいしいお店があるっていうから話を聞いてみたら、そよいちさんのことだったんですよ(笑)お互い知らないで食べに来てたんです。」

思い当たります。両国から大きな体で自転車に乗って、他のお相撲さんや床山さんと連れだってご来店くださるあのお相撲さんのことです。ソテーが好きで、あ、親方もソテー派ですけど。鹿児島は豚肉がおいしいところだから、皆さんビフカツよりポークのお料理のほうがお好みなのかもしれません。

そのお相撲さん、どことなく九州男児っぽいお顔立ちなんですよ。実は旅行の時にお願いした観光タクシーの運転手ガイドさんにどことなく似てるんです。眉がしっかりしていて。西郷さんみたいな顔?(笑)温かみのある顔です。それは心の温かさがにじんだお顔なのでしょう。

鹿児島は指宿のホテル、秀水園お料理旅館と呼ばれていると、親方がおっしゃってました。確かにお料理がほんとに素晴らしかったです。和食のコース料理ではあるんですけど、たとえば柿の中をくりぬいて牡蠣のクリーム煮を入れてグリルしてあるものとか、

牡蠣in柿

この味付けはどういうふうになっているのかしらと思いはしてもそのおいしさにどんどん食べてしまってさあ、大変。あとでちょっと苦しくなってしまったほどです。なのに仲居のやすこさんが、(担当の仲居さんのお名前がお部屋の入口に書いてあるんです)

「後ほど、お汁粉お持ちしますね。お餅は入ってないからさらっと召しあがれると思います」

えー、もう入らないんです。。。

「もしもうお腹がいっぱいでしたら、冷めてから冷蔵庫に入れておけば、明日の朝、温泉に入った後に冷や汁粉で召し上がれば、おいしいですよ」

あ、それはグッドアイデア。。。♪

などと、もう空きがないはずのお腹でつぶやいている私でした。

ところが、この朝汁粉をやった後、夕餉のフルコースみたいな朝食が並ぶ御膳を見て、激しく後悔しましたけど(笑)うーん、おいしいのに、もう食べれない。。。

どちらかというと、こうして個人的なお世話をしていただくサービスが苦手なほうなんですが、やすこさんはいつも温かい笑顔で、私たち、心も温泉につかったみたいにくつろげました。

観光タクシーのガイドのおさむちゃん(そう呼んでくれっていわれました、笑)も楽しい人でした。1日使って指宿のいろいろな観光スポットへ案内していただきましたけど、移動中も楽しいお話でつないでくれます。

「指宿は温泉が豊富で、あふれるほどなんで余ったお湯を川に流しているんですよ。だから、ほら川から湯気が出てるでしょ?」

わあ、ほんとだ。

「時々、芋のジュースの飲みすぎか、車ごとあの川で温泉に浸かっている人がいますねえ(笑)」

車ごと?!それって、おさむちゃんの車の話じゃあないですよね?!

「こっちの人はね、みんな自分なりの芋のジュースの飲み方があるんで、仕事が終わって家で晩酌するときは、ジュースの瓶とお湯の入ったポットを手元において、手酌でやるんですがね、」

はい、皆さん、芋のジュースってなんだろう?って思われました?薩摩名物の芋からつくった、えーと、おいしいおいしい、とても気分のよくなるあれですよ、あれ。

「わたしらのような観光ガイドは、観光のオフシーズンはほんと暇で、つまり無収入になってしまうんですが、そんな時、気の利いた女房なら農家の手伝いにいって、オクラの袋詰めなんかして1日7000~8000円稼いでしまうんですよ。

まあ、これはどこの誰のうちの話ってわけじゃあないんですが、とにかく、

そんなわけでそういう時期は、いやあ晩酌で1杯目、うまいっと飲みほして、さて2杯目、瓶に手を伸ばして女房が知らん振りをしてたら問題なし。もし、ですよ、もし、手を伸ばしたらギロッてにらむようなら、その晩は、はい、それまでよ!なんです。

そのかわり、正月だ、なんだ、で大忙しの時期は、それこそ、もうね、

顎でつかってやりますよ!はははははは!」

やっぱり、おさむちゃんの自分のおうちの話のようですね(笑)

こんな調子で笑わせてくれながら、指宿周辺の主だった観光ポイントに次々と案内してくれました。いやあ楽しかったなあ。鹿児島ラーメンも食べたし。「南州ラーメン」というお店でしたが、ここはボクサーの渡嘉敷さんが暖かい指宿で練習をしてたとき、毎日のように寄っていたお店とのことでした。夫も元ボクサーなので、何か縁みたいなものを感じましたね。ラーメンは太めの麺で、とろとろのおつゆの味がよくからんでおいしゅうござました。お勧めです。

なんだか口に入れるもののことばかり書いてしまいましたが、この日の観光のメインは薩摩伝承館でした。奈良の平等院をモチーフにした素晴らしい建物が、それはまた美しい松林の中に建っていました。それから、芋焼酎の工場見学と試飲など、長くなっちゃうから、次のエントリーにさせていただきます。続く…。

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

プロフィール

そよいち

Author:そよいち
下町人形町の
昔ながらの洋食
「そよいち」です
↓ホームページはこちら

ようこそ、そよいちへ



誠に勝手ながら、4月2日から10日まで、臨時休業いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。