スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩の達人7月号

「散歩の達人」というとても便利なムック本があります。その7月号に「そときち」を掲載していただきました。
散歩表紙
散歩中身

取材の時、姉と遊びたいのが待ちきれずに喚きだした愛犬“花ちゃん”もチラッと写っています(笑)
散歩中身2

「シェ・アンドレ」さんも「清寿軒」さんも「ジュサブロー館」も載ってます。

そう、食べものやさんだけでなく、ほんとに散歩を楽しくする情報満載の本なんですよね。7月号は「日本橋・人形町」特集。こちらにいらっしゃる時は、おともに1冊いかがですか?

ところで、昨日の新しいメニューの話の続きなんですが、夕方や土曜日などに、お酒を楽しまれる方たちのためのお料理のサイドメニュー、こちらもご覧ください。

酒友

「酒 友」って、面白い言葉ですね。もちろんM先生のテイストなんです。メインのカツやソテーの前に一品いかがですか?
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

のっぽなメニュー

メニューを作りなおしました。いえ、といっても、お料理は何も変わっていません。(お値段も、 ^_^;) ただ、より見やすいものをと考えてのことです。

以前との違いは、写真を入れたこと。
こんなのです。
表紙
中身

A4の紙を二つ折にしてあるのですが、今度は縦に長くなるようにしてみました。こうしないと、写真をたくさん入れられないからです。なあんて、全部自分がやったみたいに書いてますが、実はこのメニューも(前のと同様)M先生にチェックを入れていただいて、ほとんど直されて( ̄ー ̄;) できあがったものです。更に更に、実は実は、写真だって私が撮ったものではなく、お客様のお知り合いの方でプロの方が、見るに見かねて取って下さったものなんです。反射板っていうんでしょうか、ああいうのを使って、「本物」の写真を撮って下さったんです。
何しろ私の撮った写真は、実物をマイナス3倍のまずさに見せることにおいては右に出る者なし!というところまで来てましたし、(だって、姉のデジカメだから使い勝手が違ったんだもん)それもあって前のメニューは文字ばかりだったんですよね。

今度のは、特にソテーやハンバーグがおいしそうに写っているんです。ただメニューの中では小さく貼り付けられていてとてももったいない。「そときち」のホームページのメニューのページに行けば、全部大き目の写真で見られます。
「ようこそ、そときちへ」

撮影のお礼は、…撮影に使ったお料理全品でした。そうなんです。ボランティアみたいなものだったのです。プロの方に、恐縮します。「そときち」っていつも皆様に助けられてばかりです、ほんとに。

というわけで、ようやくできたメニュー、自慢のメニュー、お手に取って下さいませ。

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

紫陽花とハーフ&ハーフ

用事で町を歩いていたら、きれいなが咲いていました。
K3200070.jpg
K3200071.jpg
K3200072.jpg

お天気は、雨こそ降っていないけれど梅雨らしいどんよりとした曇り空。町から色彩が褪せてしまっています。そこに鮮やかな紫陽花。桃色と、色を散らばせてみんなの目を楽しませてくれています。むしろ曇り空だからこそ、その美しさが際立っているのかもしれませんね。不思議ですね。自然って。この花たちが、自分たちで咲く時期を選んでいるんですよねえ。

今日いらしたお客様、最近おなじみになってくださった方。毎日のようにいらして、飽きちゃわないかなあって心配したくらいご愛顧くださってました。ちょっとお見えにならないなあって思ってたら今日ご来店。で、ご注文はハーフ&ハーフでした。

にぶい私たちはよく意味がわからず、ハーフサイズのビーフとポークを小皿にのせて、お二人様の前に何枚もお皿を連ねてしまいました。そうじゃなくて、お客様が言ったのは、一枚のお皿にいつものキャベツとマカロニの付け合わせ、そこにハーフサイズのビフカツとポークカツを一緒にのせてくれってことだったんです。もたもたしてしまってごめんなさい。

それにしてもいいアイデアですね!ちょっとメニューに載せたくなるくらいのカッコよさ!(笑) 皆様もいかがですか?「ハーフ&ハーフ」。ビーフ(700円)+ポーク(600円)+付け合わせマカロニ(200円)+ライス(200円)=1700円です。いつでも承ります。

うっとおしい梅雨で、食欲が落ちてしまいがちですけど、たまにはこんなふうに変化をつけてお楽しみくださいませ。

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

お花の贈り物

「そときち」はあまり飾り気がなくて、白い壁、生成りのカウンター、茶色の椅子。お料理が一番いい色でありますようにという気持ちからなんですけど、やっぱりちょっと寂しい感じもなくはないです。だから時々、お花の贈り物をいただけると、お店が一気に明るくなります。

昨日、十四郎さんの店長さんが分けてくださったかわいいガーベラ。花言葉は「前進」だとか。今の私たちの気持ちにぴったり。
DSC01493.jpg

十四郎さんは以前もバラをくださったことがあるんですけど、届けてくださったのは、M先生。「十四郎から、『ばばあ通り』のそときちさんに、お花のプレゼントですよ」なんておっしゃる。いえね、この路地、「セブン」さんっていう古い床屋さんがあるから、バーバー通りのつもりがちょっとM先生、発音悪すぎです!(笑) でも、わざわざ先生、メッセンジャー『ボーイ』になってくださって恐縮です(笑)

今日は、前のお店の時からのお客様、初めて「そときち」にご来店いただきました。そしてこんな素敵なお花、いただきました。

DSC01492.jpg

今日はお客様の足が遅くて、静かだったのに、そのお花を飾らせていただいたとたん、まるで明るい黄色の花に誘われたかのように次々と皆様ご来店くださって、あっという間にお店がにぎわいました。外の日差しも明るくて梅雨入りしたなんて嘘みたいな、いいお昼でした。ありがとうございました。

花の命は限りあるけれど、だからこそ、生き生きとした楽しい空間にしてくれる。「そときち」に一番大事なものは、この雰囲気なのかもしれません。お客様が楽しい気持ちになれるように、いいお店にしていかなきゃ、ね。

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

福神漬

今日、お客様に教えていただいたんですけど、皆さん、カレーやハヤシのライスの横に、なぜ福神漬があるか、ご存じですか?そのお客様は、新聞のコラムで知ったそうなんですけど、あれは、昔まだ日本人がみんな貧しかったころのこと、レストランにやってきた一人の平社員の男性が、ライスだけを注文してそれにソースをかけて食べていたんだそうです。それを見ていたそのレストランのオーナーは、気の毒に思って次からライスに福神漬を添えて出すようにしたとか。厨房のコックさんたちは、無駄なコストになると反対したのですが、オーナーは、「彼はいつまでも平社員じゃないだろう。将来出世して立派になっても、うちをひいきにしてくれたら、この福神漬は無駄なコストではなくなるんだよ」と続けさせたそうです。

白いごはんの横に福神漬とは、赤い色が見た目もきれいだし、まねをするところが次々と現れて、いつのまにかカレーやハヤシの添え物として普及していった、とのこと。

このお話、どこのレストランのことなのか、その社員の男性は重役になっても通い続けてくれたのか、そもそも実話なのか定かではないのですけど、でも私はちょっと感動したんです。

ライスしか注文できないお金に苦しんでいる方が、ライスに添えられた福神漬をおいしく食べていただけたら、その味は、「思い出」となって、先に続くんだなあって。

うちのお客様は、長いおなじみさんがたくさんいらっしゃるけど、長い、ということは、それだけたくさんの時間がかかってきた、積み重なってきたということだと思います。

失敗もたくさんしてきてしまったし、お客様に怒られたことも何度もあります。姉は、去年ここにお店を新しく立ち上げると友人に話したとき、(そう、6月でしたねえ。前のお店をやめて、もう1年になるんですね)「普通だったら、そろそろ引退する年なのに、心機一転やるの?」と笑われたとか。「そときち」は新しいお店です。以前からのお客様にたくさん来ていただけててほんとうに幸運ですけど、前よりおいしくなったねと言われたい。これから先もっともっとお客様の新しい「思い出」の味を作り続けていきたいです。

そうそう、こないだ、カツカレーを召しあがっていただいたお客様が「カツカレーのカツのほうが、普通のポークカツよりおいしいじゃないか」っておっしゃって、これには、うーん、ちょっぴり複雑な気持ちになってしまいました。以前もこのブログで書いたんですけど、ポークカツ、薄いか厚いか。カツカレーの中に入れる薄いカツ、もしこちらのほうがお好みでしたら、普通のポークカツの代わりにハーフサイズのポークカツを2枚ご注文されたらよろしいかと思います。付け合わせ分のマカロニサラダも添えてライスもつけると、600円×2+200円(マカロニ)+200円(ライス)=1600円。レギュラーのポークカツとあまり変わらないお値段(50円安くなります)。

カツカレーと違って、いつでもご用意できますので、ご注文なさってくださいね。日々、できるだけお客様のご希望に添いたいと願っております。

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

東京下町歩く地図帳

「そときち」を掲載してくださっているムック本が出版されました。タイトルは「東京下町歩く地図帳」です。

aruku-hyoushi.jpg

aruku-page.jpg


取材の方は、ほんとうに一歩一歩歩きながらお店を訪ねていらしてたみたいですよ。うちのことも、同じ見開きのページにある「うぶけや」さんで聞いてきて、来店されたみたいです。だから、今度は地図、間違っていません(笑) 人形町はそれほど複雑なつくりになってはいないと思いますけど、それでも、初めての方だと右も左もよくわからないものでしょうね。水天宮さんがどっちだとか、甘酒横丁がそっちだとか、住み慣れている人なら眼をつむっていてもいけそうな感じなんですけど。
この本は、取材の方が初めて歩いてきた、その感じを大切にされて作ってあるのではないかしら。わかりやすく描かれていると思います。

また店頭に1冊おいておきました。ご来店の折りに、ぜひお手に取ってくださいませ。

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

プロフィール

そよいち

Author:そよいち
下町人形町の
昔ながらの洋食
「そよいち」です
↓ホームページはこちら

ようこそ、そよいちへ



誠に勝手ながら、4月2日から10日まで、臨時休業いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。