FC2ブログ

Welcome to the Sotokichi!

2009.03.16 15:07|未分類
東京都では、外国からの観光客をもっと増やそうという政策から、サービス業の方への無料の英会話教室があります。この度、ロイヤルパークホテルにて、人形町商店街主催で中級者向けのレッスンが行われました。「そときち」にもたまに外国からのお客様がいらっしゃいます。英語圏の方ばかりではないけれど、やはり世界で一番通じやすい言葉、英語ができればなんとかなることが多いと思います。

というわけで、私も参加してまいりました。メル・ギブソンにちょっと似たMark先生の指導のもと、4人ひと組のグループになって次々と役に立つフレーズを使って練習です。例えば:

Good Afternoon, sir(ma'am).
Welcome to the Sotokichi.
How many in your party?
Smoking or not smoking?
Would you follow me, please?
Is this table OK?
Would you like something to drink?
Here is the menu.
I'll be back to take your order.
Are you ready to order?

メニューをご覧になっていただいて、ご注文を伺うタイミングってけっこうむずかしいですね。ご注文はお決まりですか?って日本語ならすらすら出るんだけど。さりげなく、こういうふうに入っていくのもいいよ、とMark先生が教えてくれたのは。

So, what would you like?

特にSo...といいながら入っていくのが自然でいいみたいです。でも、言いなれないから、私にはこのSo..が照れくさいんですけどね(笑)

みんな頑張ったけど、お料理をお出しするところまではいけませんでした(^^ゞ もしまたレッスンがあったらぜひ参加したいです。どうしてもお料理をお出しして、お代金をいただいて、お見送りするところまでやらなきゃ!

さて、上に連ねたセットフレーズ。「そときち」で使うにはちょっと変えなければいけませんね。Mark先生は快く質問に答えてくださったので助かりました。たとえば「そときち」店内禁煙です。分煙するだけの広さがないためです。それをていねいに、お客様の気分を損ねることのないようにお伝えしたい。そういうときに便利な言葉がこれです!

Unfortunately....

何かをお断りしなければいけないとき、日本語でいうなら「申し訳ありませんが、」とか「残念ですが、」という感じの英語、それがこの「Unfortunately」なんですね。この言葉の後に、

the restaurant seating area is non-smoking.

と続ければいいんですって。お客様は、このUnfortunately..を聞いただけで、あ、だめなんだなってわかるんですって。便利ですね。

もうひとつは、席へのご案内です。大きなレストランなら、お席までご案内するのが正しいやり方。どこでもいいから座ってください、ではお客様もかえって混乱するし、どうもカジュアルすぎる、と感じられるそうです。でも小さなお店の「そときち」では「お好きな所にお座りくださいませ」といきたいんです。できるだけお客様にご気分よく過ごしていただきたい。それをていねいに言い表したいMark先生が教えてくださったのは、

You may sit anywhere you like.

mayをcanにすると、ずっと気さくな感じになるそうですが、できればmayのほうがていねいで優しく響くでしょう、とのこと。

さあ、これで大丈夫。習ったフレーズをたくさん練習して、世界中の方にサービスしたいです。
スポンサーサイト



テーマ:今日の出来事。
ジャンル:日記

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

そよいち

Author:そよいち
下町人形町の
昔ながらの洋食
「そよいち」です
↓ホームページはこちら

ようこそ、そよいちへ



秋は、人形町でイベントがいっぱい!ぜひお越しください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる