スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の心はバイオリン

秋ですねー。こないだはスポーツの秋なんて書いたけど、秋といえばやっぱり芸術の秋ですよ!芸術といっても、私は芸術をやるほうでなくもっぱら楽しませていただく凡人なんです。でも凡人こそ幸いあれ。世の中にはほんとに素晴らしい人たちがたくさんいて、みんなの人生に花を添えてくれている。今日はそんな人のお一人、Song-ilさんを紹介させてくださいね。

彼は、ときどきうちを手伝ってくれているチェ・スヨンちゃんのお友達。でもってチェさんと同じバイオリニスト。チェさんも素晴らしいけど、ソンイルさんのバイオリンがまた素敵なんです。なんというか、バイオリンで情緒豊かに「絶唱」しているみたいなんだな。

ソンイルさんのホームページはここ

チェさんが出るからっていうだけで、ソンイルさんのことは何もしらずに7月に吉祥寺で行われた彼のバンドのライブを聞きに行ったのですが、胸を打たれました。こんな小さな画面で小さな音で、それを感じていただくのはやるせないけど、こんな感じ。



このライブの後、私はmixiで感想を書きました。「有名じゃなくても、こんなにすごい人がいるんだなあ」って。そしたら、きっとソンイルさん、ご自分のライブの感想を検索なさって見つけたのでしょう。ごていねいにメッセージをくださったのです。私はすっかり焦ってしまって返事しました。「有名じゃないなんて書いてごめんなさい。私が無知なだけだったかもしれないのに」って。今でも彼のことはよく知りません。芸術の道は遠く長いのです(^_^;) でもそんなに構えなくてもいいですよね。たまたま聞いたらすごくよかった、楽しかった、この音楽に出会えてよかった!で、いいと思います。

ソンイルさん、今日ご来店いただけたんですけど、ステージではとても大きく見えるのにカウンターの向こうに座った彼はさわやかで密やかな青年でした。ビフカツを召し上がってくださいました。あさっての11月2日(日)に、浅草ZINCにて ~♪ライブをなさるそうです。

2008年11月 2日
【Pops】〔Song-il Violin Live“秋の調べ”〕崔誠一(Vln & Pf)、大柴拓(G)、寺田典子(Perc)、南裕嘉(Guest Vo)


【Pops】〔Song-il Violin Live“秋の調べ”〕
崔誠一(Vln & Pf)、大柴拓(G)、寺田典子(Perc)、南裕嘉(Guest Vo)
1st: 18:30-19:10, 2nd: 19:30-20:10, 3rd: 20:30-21:10
チャージ \2,800

皆さんもよかったら、素敵な音楽と出会ってみませんか?秋だもの。

スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

11月に向けて

今日はすっかり秋らしい日でした。今までがあまりに暖かすぎたんです。私たちは長い夏休みの後、怒濤の開店騒ぎでおおわらわ、ちっとも秋の到来を味わっている暇もなく、ふと気づいたら10月も終わりです。だけど、「そときち」の大きな窓はいつも開けっ放し。風が入ってくるのが嬉しいくらいの暖かい日々が続いていました。10月ってこんなに暖かいものでしたっけ?

子供の頃で覚えているのは、「べったら市」が終わったら息が白くなったこと。大人の人は厚手のコートやジャケットを羽織ってました。だけど今、私なんて長袖だけどTシャツ1枚で外を歩き回れるんですよ。やっぱり温暖化なんですかね。

なんて言ってたら今日はほんとに寒かったです。お店を閉めて外に出たら、さすがに上着なしでは震えがきました。気分はこんな感じ!

tenugui.jpg

これは、「そときち」の、入って左奥に飾ってあるてぬぐいです。柄は冷たい初冬の海を上から見下ろしている鷹。初雪もちらほら。寒そうな絵でしょう?

てぬぐいってなんだかとても素敵だと思います。ただの布なんだけど、そこに粋な柄や絵が描かれています。季節感を出したりするのにもってこい。「そときち」では、季節に合わせた柄のてぬぐいを取り替えて行きます。ご来店の折にはぜひちょっとご覧になってお目を楽しませていただけたら幸いです。

ちなみにその手ぬぐい達は「ちどり屋」さんで購入しました。てぬぐい専門店、その数は1000種類以上! 覗きにいくだけでも楽しいお店です。「そときち」のすぐ側ですよ。まあ、まずはホームページでその多彩な絵柄をご覧になってみてはいかがでしょう。

明日も寒いのかな…。

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

べらんめい

以前町の口コミ掲示板みたいなところを読んでいたら、「人形町行ったらさ、あそこの人たちってほんとに落語に出てくる人たちみたいな話し方してんのね」って書いてあってびっくりしたことあります。そうかなあ???熊さんはっつぁんみたいな「べらんめい」な話し方、してます??自分ではわからないもんです。ネットで知り合ってお友達になった方と電話で初めてお話した時も「さすが江戸っ子、すごい滑舌がはっきりしてますね!」って言われました。

でも、私なんてもうそんなしゃべり方してないと思うんですけどね。お客様で一人、とても江戸っ子な話し方される方がいるんです。その方こそ、江戸弁の人だと思う。そう言ったら「いやあ、でももう俺みたいな話方する奴ぁ、ほとんどいなくなっちまったからなあ」ってちょっと淋しそうでした。

それでも、他の土地からいらした方が聞くと、自分たちではわからない何か特徴があるのかもしれませんね。一度でいいから関西人とか九州人とか東北人になって、人形町の人たちの言葉を聞いてみたい。どんな感じなんだろう。どこが違うんだろう。

言葉で思い出すのが、姉のこと。そして今や「そときち」のライスを守る重鎮、Oさん。朝の仕事でいつも一緒。Oさんは浦安の人です。姉は知らず知らずにOさんの影響を受けて言葉にOさんの癖がうつっていたのでしょう。ある日、仕事疲れを癒そうと赴いた先の凄腕のマッサージの先生にこう言われたそうです。「あんたは、浦安から浜町に嫁に来たのかい?」その先生は目の見えない方だったのですが、きっとその鋭い耳で姉の言葉からOさんの癖を感じ取ったのでしょう。なんか凄いって思う。

今日、忙しい中、「シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール」のおかみさんがご両親と一緒にご来店くださいました。おかみさんは、とても流暢に日本語を話すし、日本語のメニューも何のためらいもなく見ておとうさま、おかあさまにフランス語で説明してらっしゃる。私達はフランス語はできないし、おかみさんとばかりお話しましたが、お帰りの時に唯一思い出したフランス語を言わせていただきました。「トレビアン!
それは、もう80歳に届くご高齢のご両親が長い飛行機の旅をされて娘さんに会いにいらしたことを、「トレビアン」だと思ったからです。気持ちは全部伝わらなかったかもしれないけど、とても言いたかったので。そしたら、おとうさまはにっこりされて、おかあさまは、「ありがとう」ととてもきれいな発音でおっしゃってくださいました。

こちらこそ、ありがとうございました。

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

ケーキ

「最近ブログの更新、とぎれてるね」ってお客様に言われた。あー、だって、そりゃただの洋食屋ですよ。例えば芸能人みたいに毎日すごい生活しててネタがころがっているわけではないんです。お客様に怒られる事なく、無事に終われた、それだけで感謝の日々ですもん。

とはいえ、ネタがあったら書きたくなります。今日のネタはこれ!

cake

今日はひどい雨で、さすがにお昼でもお客様の足が途絶えました。こういうただ待つだけの時間が一番辛い、というかつまんない。姉はガス台の掃除を始めました。「こういう時でないとできないことをするのよ」だって。チェさんも退屈そう。
「んじゃ、ケーキでも買ってきたら?」わーい、そうです。私たちは新しいケーキ屋さんが近くにできたことを知っていたのです。雨が小やみになった時を見計らって、私はダッシュしました。

どれもおいしそうでしょう?「ちょうどケーキ食べたかったんですよ、今日帰りに買いにいこうかなって思ってて」とチェさん。おお、そんなところまで私たちの心は一つ。なんという最強チームでしょう!

もちろんそのチームにはM先生もいらっしゃいます。M先生は和食と日本酒がお好きな方。だけど本日、意外にもスイーツもいける!と判明したしました。レアチーズのさっくりとしたケーキ(ごめんなさい、名前忘れました)を召し上がって「甘過ぎなくて、いいね。食後でもこれなら食べれちゃうね」と喜んでらっしゃいました。

このケーキは、「シュークリー」というお店のです。M先生が「シュークリームに関係あるのかな」っておっしゃったけど、果たしてどうかしら。お店にはあらゆる種類のケーキが並んでいて、クリスタルの飾りがあちこちに並んでいて奇麗。ちょっと覗きに入るだけでもうっとりしそうなケーキ屋さんです。ネットで検索したら、こんな記事がありました。平井にある有名なケーキ屋さんの支店だったんですね。

2008年6月16日 ドゥーシュークルの新店舗「シュークリー」 が人形町にオープン!
掲載日:2008/6/13(金)


> ―「シュークリー:sucrerie」とは、砂糖を扱う職人の総称―

M先生、ちょっと違いましたね(笑)

> 本物にうるさい大人の男性にもご利用いただきやすい ちょっとシックな上質な空間。

本物にうるさい大人の男性」って、M先生、見事に釣られましたね(笑)

だって、ケーキを食べ終わって「ごちそうさま、それじゃ!」とお店を出られたらいつもと違う方向に向かわれたから、姉が「先生、きっとそのケーキ屋さん見に行ったんだよ」だって(笑) 先生はそういうお方。いい物を見つけるとチェック上等。きっと誰かに教えてあげたり、ごちそうしてあげたりしてまた「人とのつながり」のツールにしてしまわれるんだと思います。

ひどい天気も夜にはおさまって、大口の出前をこなしたら、お客様がたくさんいらっしゃいました。ありがとうございます。まだ道も濡れて歩きにくいところをいらしてくださった。楽しい夜でした。最後にいらしたお客様は、いつも金曜日の7時半くらいに必ずといっていいほどいらしてくださっていた方でした。「そときち」のことはつい最近知ってようやく来れたのだそうです。「でも、オープンして2、3週間かそこらで見つけられるとは思ってなかったからよかった」と言ってくださった。「もし他の町でやってたら、なかなか見つけられなかっただろうね」
そうなんですよね。人形町に根が生えてしまった私たち、他の町ではいいスタートがきれなかっただろうと思います。感謝は仕事で返します。明日もずっと。

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール

私はフランス語は皆目だめなので、この素敵なレストランのお名前がどうしても覚えられなかったのですが、今日、ついにつまずかないで言えるようになりました。だってとっても大事なお名前だったからです。

夕方、休憩時間もそろそろ終わりの頃、お花が届きました。

flower.jpg

花屋さんの言うには、すぐ側にあるフランス料理のレストランからのお祝いのお花だそうです。その素敵なレストランには、一度ランチをいただきに入ったことがあるばかり。人形町で同じ飲食店同士でも、元いたお店は端っこにあってそちらとはおつきあいと言えるものはなかったのです。ただ、私たちは、そのお店のおかみさんが遠いフランスからおそば屋さんの「松竹庵」さんに嫁いだ方で、ここ最近そのお店をオープンなさったことは知っていましたが。
びっくりした姉は、お礼の粗品を持って「シェ・アンドレ ドゥ・サクレクール」へ行きました。おかみさんの方は「わざわざ忙しい時に、ご挨拶なんてよろしかったのに」と流暢な日本語。姉はとっても恐縮してしまったそうです。
「ほんとは大安の土曜日にお花届けたかったんだけど、きっと忙しいだろうと思って、友引の今日送ることにしたんです。」この方、ほんとにフランス人?! 目の前の日本人離れしたお顔を見ていても、その語られる言葉を聞いていると、「おかみさん」って呼びたくなってしまう。
「このお店の名前は、私の父の名前なんですよ。」と聞いて姉は、合点がいったことでしょう。「だから同じ気持ちなんですよ。」

後からこのお話を聞いて私も胸があったかくなりました。私たちは父の名前をお店につけた。「シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール」さんもそうだったんです。知らなかった。そうしたら、このちょっと長い名前、いっぺんで覚えてしまいました。

okamisan.jpg

ああ、写真にちょうどいい具合に「古い喫茶店」のシャトンさんもちらりと写っていますね。お隣さんです。

お店の中には、モンマルトルのご両親と、ご両親が経営されていたと思われるレストランの古い写真が飾ってあります。モンマルトルってパリの下町ですよね?勝手にパリの人形町かな?なんて思ったり。
この夏、ご近所で外国人のご夫婦をよく見かけました。確かめていないけど、きっとおかみさんのご両親じゃないかしら。そして「シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール」というお店のルーツなんですね。おかみさんは、ほんとうに親孝行な娘さんだなあ。
私たちは軽めのランチしか味わった事がないのですけど(ランチは言うまでもなくデザートにいただいたケーキが最高でした!)、夜のお料理はまた格別らしいですよ。ああ~、仕事があるから当分食べられそうにないなあ。私のかわりに、みなさんぜひ一度パリ、モンマルトルの味、お試しあれ!

追記:
いただいたお花が咲きました!
flower2.jpg

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

古い喫茶店

「そときち」はひっそり裏にある。お店がオープンしたことはご存知でも、場所がピンと来ない方がたくさんいらっしゃる。配ったティッシュの地図を辿った方、ネットのgoogle mapから辿った方、ご迷惑おかけしてます。もし、ご不明なことがあったらいつでも03-3666-9993にお電話くださいね。もし手が空いてたら、お迎えにあがりますよ!

そんな方たちが迷って「そときち」の場所を聞いたら、心安く道案内してくださったのが、近所の古い古い喫茶店「Shaton」さん。私は入った事は一度しかありません。確か私が小学生の頃くらいからずっとそこにあった喫茶店です。何人もの方が「Shaton」さんで場所を聞いてきたっておっしゃるので、姉がお礼の粗品をもってご挨拶にうかがったら、「いいのよー、そんな」ってママさん。息子さんと二人でお店を営まれてらっしゃるんですね。

「おかあさんがよくうちでホットケーキ、召し上がってくださったんですよ」初めて知りました。母がまだ元気で一人で町をうろちょろできた頃、Shatonさんのホットケーキが気に入って通っていたらしいです。家族なのに、知らなかった。母の、こっそり秘密の楽しみだったのかもしれませんね。そんなご縁があったなんて。

この街角に引っ越してきてほんとうによかったなあ。

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

スポーツの秋

いいお天気が続きますね。秋らしくてさわやかで最高です。「そときち」の表の大きな窓を開け放していると、いい風が入ってきて、癒されます。お店は小さな路地に面しています。車は入れるけどめったに来ないし、静かなもんです。前のお店は大きな道路に面していたので、ドアも窓も開けっ放しになんて出来ませんでした。店自体も狭くてお客様にはご迷惑をかけていたと思うけど、「あれもまた『味』のうちだよ」なんて懐かしんでいる方もいらっしゃいます。おなじみさんならではのお言葉ですね。ご新規の方だったら、びっくりされてたのじゃないかしら。

秋と言えば、スポーツです。人形町の側の浜町公園には、総合スポーツセンターがあります。いろいろな設備が整っていて身体を鍛えるにはもってこいの場所。もちろん、浜町公園の中でジョギングしたり、「運動場」で野球やサッカーの試合をしたりもいいですね。私は、この夏、仕事もしないで身体がなまりそうだったので、よくプールに行きました。小1時間、しっかり泳ぐとその後に飲むビールがおいしくて…、あれ?

今日いらした6名様、総合スポーツセンターでたっぷりトレーニングされてきたとのこと、全員ライスのおかわり。お一人は、おかわりが「大盛り」でした(笑) いいなあ、たくさん食べる人ってほんとにいいなあ。

冬に風邪など引かぬように、この気持ちのいい季節に少し運動してみましょうよ。運動したら、お腹が空く。お腹が空いたら「そときち」へぜひどうぞ!

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

電気ジャー

こないだちょっと暇だった時の事、「はいライス、おかわり~」ってばかりにジャーのふたをあけたら、ご飯が変。水気がとんでしまって、ちっともおいしそうじゃない。「なんじゃ、これは~~!!!」と姉が大魔神化しそうです。

それは、お客様の足が遅くて(こらこら、人のせいにしてはいけません)ご飯があまり減らないうちに、電気のジャーの中で化学変化(?)を起こしてしまったライスの悲しい姿でした。

電気の道具はなんでも便利だし、楽ですよね。だけど、悲しいかな、ライスに関してはなかなかそうもいかないみたいです。確かに冷めなくていいんですが、せっかくのふっくらしたご飯のうまみが乾いていってしまうみたい。きっと何かコツがあるのかもしれませんね。少し水をご飯にふっておくとか。

そもそも、そんなことをするより、お客様の足を読んでそのペースに合わせてご飯を上手に炊いて、いつでも「炊きたて」であるべきなんですよ。少なくてもうちの店は。だから電気のジャーである必要がなかったのになあ。ほんとに馬鹿です、私たち。

なので、今はコンセントをはずしています。最初から普通のジャーにすればよかったな。だってコードが下に落ちたりして扱いが面倒だし。そうだ、炊き込みご飯とか作るとき便利だからいいや。白いご飯を炊く、「ライスロボ」では炊き込みご飯できないもんね。(いや、できるんだけど、しない)って、それじゃお客様のためじゃなくて、従業員のための道具になってしまう(笑) あ、ひとついいことがあります。前の店のご飯のジャーはふたが上にのせるタイプ。ご飯をよそおうとすると、ふたの置き場にあたふたしたもんです。今のジャーは、パタンとふたを閉めるタイプ。一カ所で本体にくっついていますからふたの置き場なんて気にしなくていい。よかった、よかった♪

ご飯をおいしく、これができなければ、ビフカツのおいしさが無駄になってしまいますもん。おいしいご飯をわざとちょい軽めによそってさらに食欲をそそり、おかわりを誘う。「そときち」のstrategy!(ここで、決めポーズ!)

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

出前

夜が、暇なんです。ゆっくり次の日の仕込みが出来るのはいいんだけど、やっぱりもうちょっと頑張りたい。働いている方が、じっとしているよりなんだもん。というわけで、夜は元気に出前をすることになりました。

おうちでゆっくりTV見ながらとか、会社で残業、はたまた会議だとか、お客様のお夜食お手伝いします。

前のお店のときと同じ折りでお届けします。豚汁はただいま容器が用意できておりませんのでお持ち出来ませんが、その他のお料理は全部お店でお出しするのと同じ内容です。出前料もかかりません。お電話、3666-9993まで、ご注文お待ちしています。

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

雨の「そときち」

今日は暇でした。お昼、いっときは、わあっとお客様がいらして活気がありました。バタバタしているとき、M先生がのぞきにいらして窓ごしに傘差してこちらをにっこり見ているのに気がつくとなんかほっとする。
でもその後はのんびり。姉は仕込み始めちゃうし。
<今日のM先生>
2時くらいにいらしてお水を一杯だけ。M先生は、「そときち」以前にかわいがっているお店があって、今でもお昼はそこで料理の試食をなさってます。そのお店は「十四郎」「そときち」はM先生の末っ子なんですよ(今のところ)私がドジ踏んでハヤシライスのお代金間違えたとき叱られたけど、なんだか父親みたいです。実際「お父さんが見てたら、怒るよ!」っておっしゃってたし。
お店にはたくさんのお花があったけど、切り花は終わりかかってきました。控え室の花瓶に集めて飾っています。胡蝶蘭の鉢がまだいくつもあって待ち合いのところに無造作に置いてあったのですが、M先生の美的感覚に触ったらしく、黙って鉢を移動させたり向きを直したりされてました。やっぱり違う。ただ置くのと飾るのは違うんですね。3時になると、「じゃ、また!」と帰られました。

M先生の労作、「胡蝶蘭のひな壇」
kochouran.jpg


夕方5時に開けて、ほどなくしてお一人でいらしたお客様、なぜか入り口から中に入っていくに連れてスキップ♪になってらっしゃいました。 そんなにこのお店、広いですかー!?(前より)こちらまでウキウキしてしまって、一緒にステップ踏みそうになりましたが、止めました。いい年ですもん(笑) でも顔はにやにやしてしまって、自分ながらきもかったです(^_^;) またお会いできて嬉しく思います、スキップ様。これからもよろしくお願いします。

夜も深くなってやはり一人でいらしたご婦人。高齢な方です。もちろん以前からのお客様です。年齢が進んでも、おしゃれな方です。きちんとされていて、そして粋なんですよね。ああいうふうになれるかしら。これからもずっといらしてくださいね。
「そときち」の入り口は、石のタイルで15センチほど道路から段になっています。雨で濡れてるし、滑ってはいけないと思ってそのお客様がお帰りの時に外までお送りしました。そしたら外のメニューボックスの料理の写真を見ながら、「おとうさんはねえ、『ビフカツよりトンカツのほうがうまいよ』っていうから、あたしはトンカツしか食べた事なかったのよ。でも今日はハヤシライスおいしかったわ」っておっしゃる。全く死んだ人のことはあれこれ言いたくないけど、父ときたら。自分で売っているものにケチつけなくても(^_^;)
以前はトンカツのほうが圧倒的に人気があったんですよね。でも、時代が変われば人の好みも変わる。今ではビフカツがメインです。父もいつのまにかそういうことをぶつぶついうのをやめていきましたけどね。古いお客様からは、思い出が香ってきます。

仕事を終えて小雨の中の帰り道、二人の男性に話しかけられました。「半蔵門線の駅はどっちですか?」二人とも少し酔っていて足下がふらついてるし、心配だから、水天宮前の駅まで送ってさしあげました。「お嬢さん、優しいねえ(暗いから、「お嬢さん」で通ったみたいです、笑)、水天宮の人は親切だねえ」って言われたから「いいえ、『人形町』の人はみんなそうなんですよ(^_^)」って答えました。「人形町だから、別嬪のお人形さんだねえ」って酔いもかなりまわってらっしゃった(笑) 「はいはい、今日は人形市やってるんですよ。」なんとか駅に到着。お気をつけて。

私たちもいっぱい人に親切にされたので、自分たちも人にいっぱい親切にしたいです。おやすみなさい。

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

ハヤシライス

本日、ハヤシライスが出来ました。長らくお待たせしました。これで、後、足りない物はっと…、あ、七味がまだない!水曜日に入ります。ごめんなさい。どうしても七味のいる方は、それまでは「マイ七味」で、お願いします←厚かましいですねm(_ _)m

「マイ、なんとか」といえば、以前どうしてもワインを飲みながらビフカツを食べたいとおっしゃるお客様がありました。ワインなんて私たち扱いがわからないし、そのときはごめんなさいしましたが、「マイワイン」を持ってらっしゃる方があったら、ワイングラスくらい用意したらいいんじゃないの?って姉に言った事あります。変でしょうかね?そういうの、法律上どうなんでしょう?やっちゃいけないことなのかしら。

オーストラリアとかだと、BYO(Bring Your Own)というシステムがあって酒類ライセンスのないお店でも、自分でお酒を持ち込めるんですよね。ライセンスのあるお店でも、ご自分の好きな酒で食事したいという方のために、高級店でもBYOの表示があるレストランもあるそうです。日本は、ダメなのかな?今度法律に詳しい人に聞いてみようっと。いや、普通にハーブボトルでも置いとけばいいじゃないって言われるかもしれないけど。

祝日の今日はゆっくりとした商売でしたが、仕事にだいぶ慣れてきたのが嬉しくて、なんだかすがすがしい気分で帰宅となりました。また明日もよろしくお願いしますm(_ _)m

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

パン粉

お客様は怖い! 土曜日にいらした方で、ふと「パン粉、変わったね。優しくなったね」とおっしゃった方がありました。
ばれた!姉はにんまり、してやった気分でしょう。そうなんです。こんどの新生開店にあたっていろいろ仕入れを考え直しました。パン粉もその一つ。どうせ新しく始めるなら前よりもっとおいしくしようと。
それはささいな違いかもしれない。お客様は気がつかないかもしれない。それでもいい。こだわることに意味がある。
前のお店に飛び込みでお試しのパン粉を持ってきてくれたのが、「富士パン粉」さん。それを覚えていた姉は、この夏の間コンタクトを取りました。富士パン粉さんは、姉のわがままを細かく聞いてくれて、ビーフカツをよりおいしくするパン粉を作り出してくれたのです。どういうふうに?興味のある方は、富士パン粉さんへGO!

それを一発で当てたお客様、参りました。だから私たちは、いつもちゃんとやらなきゃなあって思う。だってこんなすごいお客様たちがついてるんだもん。

今日は日曜日でお店はお休みだったけど、追いつかなかった仕込みをこなすために出勤しました。明日、安心してお店が開けられます。祝日ですけど、11時からしっかりオープンしますので、ぜひご来店くださいね。お待ちしています。

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

そときち生後5日目

土曜日ですね!この界隈、土曜日の人々の動きはどんなもんなんだろう?正直予想が立ちません。近所のお店を見ると、昼はやってても夜は閉めているところが多いし、きっとあまり商売もよくはないかもしれないなあ。そしたら、土曜日はお店を閉めるかもしれない。土日連休なんていいな

などと遊ぶことばかり考えていてはいけません。土曜日がよくなくたって、「あそこなら、土曜日もやってるよ」って当てにされるくらいでないと。というわけで、今日も元気に営業です。

立ち上がりはのんびり。というか、微動だにしない。誰も来ない(T_T) 退屈だから仕込みもっとやっちゃおうかなあ。夫はティッシュ配りに出かけました。雨が降っているから傘さして。なんか侘しい。まあ、こんなもんかもねー、そうだ、名刺がもうなくなりそうだから印刷してくるよ…、と休憩室でパソコンとプリンタと起動したとたん、「お客さまよー、こっちきて!」と姉の叫び声が(笑)

土曜日っていつもそうだったです。お客様は足が遅いもんです。もう1時は過ぎたくらいから、皆さんお昼。今日はお休みで朝食がゆっくりだったからかな?
平日のお昼並みにばたばたして、嬉しい悲鳴をあげながら気がついたら3時でした。いいお昼の商売でした。

あ、書き忘れていたけど、今朝差し入れがありました。近所のおそば屋さん「東嶋屋」さんのおかみさんが築地の「天むす」のお弁当を届けてくださいました。これです。
Ten-mus.jpg

東嶋屋さんは、先代が父と仲が良かったとか、今のおかみさんは、ほんとはお姉さんが継ぐはずだったのに、急逝されたので、苦労して今のお店があるとか姉に教えてもらいました。人形町って、そういうふうに人が繋がっている町なんですよね。

お弁当、かわいくて、おいしかった!

夜はどうかな?昼みたいにはいかないだろうって思ってたら、お子様含めて総勢8人でいらしてくださった方、古いお得意様です。それからいつもビーフカツを注文なさるロシア語も話せる耳鼻咽喉科のハンサムなお医者様とか、鹿児島の遠方から飛んでらした方とか、築地で佃煮やさんを営むマダムご一行様。奥様は東欧の美女、旦那さんはスラリとしてて、奥様にとっても優しい素敵なご夫婦。赤ちゃんが大きくなってて坊やになってて、驚きました。最後にお会いしたのは半年くらい前だったかな。かわいいなあ。

なんて、なんだかお店が新しくなってても、雰囲気が変わらない。いいなあ。

それだけでなく「そときち」のすぐ側にある大きな新しいマンションからは、娘さん2人とご両親で4人の新規のお客様。「そときち」はお子様と一緒に来るのにいいお店だとおっしゃってくださって嬉しい。そのお子様たちが大きくなってご自分のお子様を連れてらっしゃるようになるまで、頑張れるかなあ…。

前のお店はそういうところだったんですよね。「そときち」もそうなりたい。

しんみりしたところで、衝撃のニュースが!

ひろゆき様は、どのお料理がお好きなのか、とっても知りたいです。

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

そときち生後4日目

<今日のM先生>
朝、とにかくお顔を出して「昨日の夜はどうだった?」と聞いてくださるのが挨拶代わりになってしまってます。ありがとうございます。「まあまあでした」というと、ほっとされているみたいに見えます。今日は、「準備中」と「定休日」の札のこと。Tさん(姉の夫)が前日に買ってきてくれた木製の「営業中」と「準備中」の両面プリントされたプレートに、「そときち」のコンセプトカラーの緑の紙にM先生直筆で「支度中 ー 3時から5時まで」と「定休日」と書いたものを貼付け、「手作り」札を作成中。「えーと、なんだ、あれ…」「パウチですか?」「そうそう、それそれ。それをしたほうがいいかな、このままでいいかな」などと、なんか微笑ましい。M先生のテイストはちょっと江戸風味でかっこいいんですよ。あ、写真撮って、後で載せますね。

こんなのです。
支度中
お休み

その後、さっと姿を消したM先生、お昼にふと目を上げたら、入り口におられるじゃないですか!「いらっしゃいませ!」とにっこり声をかけ、手元の仕事に気を奪われてもう一度見たときは、もうおられなかった。ひょっとして私幻覚見たのかしら???と思って後で姉たちに確かめちゃったくらいです。あまりの素早い消え方に、自分の見たものに確信が持てなくなってしまってました。M先生は、ワープできるのか?!もうね、いつかライダーベルトをさっと巻いて「変身!」って叫んで最年長のカブトムシのヒーローになってしまっても驚かないな、きっと私。

そんな冗談は怒られないうちに止めといてお知らせです。

現在ハヤシライスが、まだ味が整ってないためご提供できていません。誠に申し訳ありません。出来上がったらこのブログで必ずお知らせします。今しばらくお待ちくださいませ。

13日(月)は祭日ですが、通常通り営業します。お時間のある方はぜひご来店くださいませ。スタッフ一同心よりお待ちしています!

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

そときち生後3日目

今日はお手伝いなし。小俣くんもチェさんも、そして最強戦士M先生もいませんでした。M先生は午前中自分の事務所へ行く途中に様子見にいらっしゃって、まだまだいろいろある相談事の報告をして、お昼に一度また様子見に来て、「ああ、なんとかやれてるなあ」って感じで今日はパートタイムジョブはなさいませんでした。つまり!私たちはとうとう自分たちだけで、やったわけです!いばっちゃいけませんね。当たり前のことなんだから。
幸い、といってはいけないんですが、初日、二日目ほど、混まなかったので、なんとかこなせました。やっと仕事の手順を身体が覚えてくれたって感じです。
少し暇なのをいいことに、夜は仕込みを進めました。明日、あさって、来週のための仕事です。夜はお客様は少なかったけど、手を動かしながらゆっくりお話できたりしてこれもまたいいムード。「前より、落ち着いてていいね」って喜んでくださった方もいらしたです。こういう日もいいですね。
もう何度も来てくださっているお客様が、お祝いの粗品をお断りになるのが寂しい(笑) 何度でも差し上げたい気持ちなのに、新しい方に差し上げてくれって言われてしまう。もう無理矢理受け取ってもらったりしたけど。まだまだたくさんあるので、受け取ってください!10枚集めたら……、特に何もないんですけど(^_^;)

大木トオルさんがいらっしゃいました。大木さんは歌うときはパワフル。だけど話すときはとてもソフトな、sweetな方です。大木さんはセラピードッグのお仕事をされていて、父が晩年とてもお世話になったんです。犬が大好きだった父が、虚ろになってしまった晩年に、チロリたちのおかげで暖かい日々を過ごす事ができました。大木さんの大きな愛。人へも、動物たちへも変わりなく向けられる愛です。命への愛と言ってもいいかもしれません。

Chirori.jpg

そういうふうに私たちも、自分達のお店と、ここへいらしてくださるお客さまへの大事な気持ちを大切にしたいです。

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

そときち生後2日目

本日もM先生はホールで大活躍。どうしよう。先生に時給とか払った方がいいのかしら。どうしよう、ほんとに。 先生は3時までしっかりお仕事されてビールを1本、ビフカツをちょっとつまんでても、それでも新しいお客様がいらっしゃると席を立ってお水を出したりなさろうとするから~~~。私は自分の仕事の手をとめてホールに飛び出ていきました。これ以上先生を動かしては罰が当たってしまうかも。M先生はその後、お祝いのお花から何本か花を選んで花瓶に生け直し、トイレに飾ってくださいました。お花も生けるスーパー熟年紳士、しびれてしまいそうです!写真撮っておけばよかったなあ、花を1本手に取り、じっと花瓶を見つめている姿。なんか侍っぽいんですよ。

今日はお天気があまり良くなかったけど、それでも以前のお店のいい時と同じくらい、200食は出たでしょうか。もっとかな。昨日よりは少ないけど、充分です。それに、姉も私たちも少しずつ手慣れてきて、始まる前夜あんなに不安だったのが嘘みたいに希望がわいてきました。これなら明日もあさってもやっていけるなあって元気が出ました。不景気な世の中ですからいつもこうはいかないでしょうし、今はご祝儀みたいなところもある。でも、もう私たちはエンジンかかってしまってます(^_^)

休憩時間に少し「そときち」で検索をかけてみて、当店のことを記事にしてくださっている方のブログを見つけて読んでみました。豚汁には七味が欲しいとありました。さっそく姉に相談して七味を置く事にしました。確かにちょっとピリッとさせると旨さが引き立ちますよね。これから寒くなったりすると、そういう味が身体によかったりしますし。いいアイデアありがとうございましたm(_ _)m 金曜日には仕入れられるかな? 変ですかね、洋食屋なのに、七味がカウンターにちょこっと置いてあったら。いいですよね?

夜に、以前よく出前させていただいていたところからお客様ご来店。ありがとうございます。ドワンゴ様。お忙しい方達の夜食のお手伝いをまたしたい。もう一人コンスタントにお手伝いしてくれる人材が見つかったら、出前再開。そんな余裕のある日がいつか来るでしょうか。

営業時間終わり、おかたづけ、おやつを食べて、鍵かけて…。また明日!

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

新生開店

ご来店いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。今、心地よい疲れの中で書いています。試合に勝ったボクサーってこんな気分かな?なんてちょっと大げさに思ったりもしましたが、夫に言ったら(元ボクサーです)きっと笑われるから、やめておこうっと。

豚汁が意外に強敵でした。お椀につぐのがあんなにむずかしいとは…。もたもた。ライスがでるのと同時にさっとお出ししたかったのに、あちこちで出し忘れそうになったり、どこに出したらいいのかわからなかったり。あー、まだまだ段取りが出来てません。もっと考えなきゃ。

豚汁といえは、実は残り物になった翌日、めちゃくちゃおいしくなるんですよね。ちょっと塩辛いんだけど、味噌の味がさらにまろやかになってるし、豚肉なんてトロトロです。だけど、これはお金をとってお出しする商品としてはどうかなあ。残り物なんですよ。前、古くなってしまったポークカツのことを書いた事ありますが、残り物には福があるってこういうことをいうんでしょうか?!

夜、お店が終わってかたしていたら、ロゴを作ってくださったM先生(aka ダメだし紳士)から電話がありました。「夜は、どうだった??」心配してくださっていたんですね。先生は、言っちゃ悪いけどそんな若い方ではないんですよ。それを、今日は朝からメニュー看板の中の写真付きのポスターを、両面テープを片手に手作り奮闘。これだけでも涙がでるほどありがたかったのに(私は、パソコンで原稿作ってKinko'sで大判プリントしてもらうって言ったんですが、「この店には手書きのが似合うよ。僕が書いてあげる」っておっしゃって) その後、高校生のバイト君みたいにお店の中を走り回って、お客様を誘導したりお皿を下げたり、信じられません。あげく、夕方お帰りになったのに、夜電話で経過を聞いてくださって。どうしてこんなにまで、いったいどうお礼したらいいのか、途方にくれてしまいそうです。もうこれはお店を立派に存続させてみせる、それしかないかもしれません。M先生、ありがとうございます。

そのM先生といいコンビだったバイオリニストのチェさん、お店に飾られたお花に負けないかわいらしさで文字通り「花を添えて」くれてありがとうございました。あの忙しさ、チェさんがいなかったらこなすことなど到底無理だったでしょう。

富士冷熱のKさんは、お花と格闘してくださってありがとうございました。悩ませてしまいましたね。「そときち」のTシャツまで着て店頭で頑張ってた姿、忘れません。

オペラ歌手の小俣くん、8時までの約束なのに、終業後の片付けがはかどらないでこまっている私たちに最後までつきあってとうとう10時になってしまいました。ごめんなさいね。いただきもののお菓子でその疲れ、少しは癒されたでしょうか。

姉と夫、そして、姉の夫のTさん(自分の仕事が終わってから駆けつけて、片付けを手伝ってくれました。ああ、夫婦愛!)みんなお疲れさま。ほんとにお疲れさまでしたm(_ _)m

そして、そして、あらためて、いらしてくださったお客様、ほんとうにありがとうございます。見慣れたお顔の方も、初めての方もいらっしゃいました。自分達もまだ見慣れていないお店の中で、お客様と相対してサービスさせていただく、なんかちょっと胸がつまる瞬間がありました。これからもご愛顧いただけるよう、きっと励みます。

さあ、明日も早い。頑張ろう。

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

感謝の日

昨日は仕込み上がったいくつかのメニューで、直接この3ヶ月お世話になった業者の方をお呼びして謝恩会のようなものを催しました。他にも町会長さんとか、大家さんとか、向こう3軒右左の方達とか、大事なご近所付き合いも大切ですよね。まだハヤシライスなどできてないし、一般の方は申し訳ないけどお断りして、丸1日皆さんのご来店を待ちました。

お呼びしたけど、ご都合で来られなかった方が何人かあったことが残念ですけど、いらした方たちとなごやかにお話できてよかったです。ポークカツ、ビーフカツ、ポークソテーだけしかお作りできませんでしたが、おそるおそるご感想を聞いたところ、皆さん満足していただけてとりあえず、ほっとしているところです。

お店の名前を書いてくださったジュサブローさんがご来店くださいました。

Jusaburo.jpg

白木のカウンターをはさんで、向こう側とこちら側、ああ、まさにお店ができているなあって実感する写真です。ジュサブローさんは、お帽子も(後ろのフックにあるのが見えます?)とても素敵で、ずいぶんおしゃれしてきてくださった気がする。気のせいかなあ。たぶん気のせいですよね。いつもおしゃれな方ですから。
夕方少し手が空いた時に、私たちとOさんと、今日お手伝いしてくれたオペラ歌手(小俣 貴弘くん)とバイオリニスト(チェ・スヨンちゃん)と身内約1名(my daughter)が集合して、お店の前でパチり!

Shuugou.jpg

いらしてくれたお客様からは、たくさんのお祝いやお花をいただいて恐縮しました。でも手ぶらで来ちゃったってお帰りになってからお祝いもって戻っていらした方があったんです。参った。そんなつもりじゃなかったんです。元々ほんとに感謝の気持ちと、ただ単純に食べていただきたいという気持ちでやってみただけだったから。その方はほんとにソテーが大好きで、何ヶ月ぶりに食べていただけたのが感慨深かったですね…。これからも何回も食べていただきたいなあ。

まだお店には慣れてないけど(広すぎるんですよ←贅沢な悩み!)手が届かないし、1歩多く踏み込まないと、仕事が出来ない感じ。でも、だんだん手が止まらないでできるようになってきました。7日正式オープンの時は、もっとスムーズにできるように頑張ります。

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

今、やってます!

オープンの日が近づき、ようやく自由に使える厨房にておおわらわで仕込中。
え?オープンは7日ですって?はい、それでも間に合うかどうか、どきどきで仕込んでいます。というわけで、ブログに長々と楽しく書くこともままならず(>_<)

お肉も野菜もすべて揃った!え?サラダ油が違う?ひき肉の機械がまだ届かない?あー、ペーパータオルがどうしたって?額縁はいいのが買えたねえ。壁の時計は電子時計だ!お米がおいしい、豚汁がおいしすぎておかずいらないって?こらー、それじゃヤバいでしょ?!(笑)

などと、一日終ってしまいました。また明日!

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

プロフィール

そよいち

Author:そよいち
下町人形町の
昔ながらの洋食
「そよいち」です
↓ホームページはこちら

ようこそ、そよいちへ



誠に勝手ながら、4月2日から10日まで、臨時休業いたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。